サンテックの特徴まとめ

MENU
スポンサードリンク

無錫サンテックパワーの倒産とその後

2013年3月に、サンテックの子会社『無錫サンテックパワー』が法的整理に入りました。
その後、2013年11月に無錫サンテックパワーは江蘇順風光電科技が買収、順風光電国際グループがサンテックパワーの事業を継承しています。

 

サンテックパワーの現在の組織図 サンテックパワーの組織図

 

サンテックパワーの現在の組織図

 

日本のユーザーへの影響はほとんどなく、現在も製品の流通、設置済み太陽光発電への保証は大きな問題もなく継続しています。
低価格の太陽光発電システムなので、価格を重視する方は要チェックです。

 

 

サンテックの口コミ・評判

  • 中国製なので品質に疑問ありです。太陽光発電のパネルはデリケートなものだと言われているので、高い品質のものを選びたいと思いました。
  •  

  • 25年もの長期間の保証があるので、長く安心して利用できるのは嬉しいところです。耐久性なども高く、頑丈なつくりになっている点も高評価です。
  •  

  • 世界トップクラスの販売量だと知り、かなり驚きました。生産量が多いため、コストもそれほど高くなく導入しやすかったです。
  •  

  • 太陽光パネル以外の周辺機器の保証が10年だけなのは残念です。これだったら国内のメーカーの保証とあまり変わりないのでは、と思ってしまいました。
  •  

  • 中国のメーカーですが、日本にも拠点があることに安心しました。発電量の大きさなども大切ですが、アフターサービスの良し悪しを重視したいですからね。
  •  

サンテックのおすすめポイントと特徴

こんな人におすすめ

中国製と割りきってとにかく安く取り入れたい方
屋根が狭く、できるだけ軽いソーラーパネルが良い人

 

サンテック太陽光発電の特徴

 

サンテックの特徴

  • 世界最先端の技術力をもち、数々の賞を得ています。
  • 変換効率は業界最高レベル。
  • 25年保証やアフターサービスに力をいれています。

 

メリットや強み
  • 世界的に性能が認められています。
  • 軽量で、かつ変換効率が高いので、屋根の面積が狭くても対応可能。
  • 長く、安心して利用するためのアフターサービスが充実。

 

デメリットや改善点
  • 中国に本社があるため、経済状況により不安定な要素あり。
  • 中国製だから、品質がそこまで高くないとの声も。

 

価格や相場観
  • 他のメーカーと比べ、安く導入することができます。
  • 世界トップレベルの生産力があるのが、理由のひとつ。
  •  

    他メーカーとの比較

    メーカー 価格帯(1kwあたり) 発電効率 パネル種類
    サンテックパワー 20万円以上 20%前後 2
    カナディアンソーラー 25万円前後 20%以上 3
    サンパワー(マキシオン) 30万円以上 21%以上 2
    GWソーラー 25万円前後 18%以上 4
    Qセルズ 25万円以上 20%以上 2

     

    保証面
    • ソーラーパネルには、25年間の出力保証。
    • 周辺機器には、15年間の保証を設定しています。
    • 販売店によっては、自然災害や雨漏りなどの補償制度(サンテックパワー総合補償制度)がある場合も。

     

    アフターケア・サポート面
    • サンテックパワージャパンとして、2006年に日本へと進出((株)MSKをグループ会社にする)。
    • グローバルな企業ですが、日本でもしっかりサポートが受けられます。

     

    モニター
    • スリムな見た目のカラー表示モニターは、壁掛けも可能。
    • エラー情報や異常が起きたときも履歴に残されるので、問い合わせるときに便利。

     

    歴史
    • 1967年サンテックパワージャパンの前身(株)MSK創業(2009年、社名をサンテックパワージャパンに変更)
    • サンテックパワーが2001年に中国で創業。
    • 本社を中国におき、生産量は2011年に世界一となりました。
    • 2013年3月に子会社が法的整理に入る。
    • 同年11月、江蘇順風光電科技に買収され、2914年4月に買収先企業が事業の継承を公表。
テレビでも取り上げられた「メーカーの選び方」のコツ【2分48秒の動画】

ソーラーアドバイザーが教える正しいメーカーの選び方20秒〜62秒は必見!





【全国無料】実績のある厳選優良業者の見積もりがすぐできる

太陽光発電一括見積りサイトタイナビ