太陽光発電 シャープ特徴まとめ

MENU

スポンサードリンク

シャープ太陽光発電の口コミ・評判

  • シャープの一部の製品は生産が追いつかない状態のため、納期がかなり先になると言われました。思い立ったらすぐにと考えていたので他のメーカーにしようか検討中です。
  •  

  • パワーコンディショナや電力モニターも含めて関連機器がまるごと15年保証されるのは、とても助かります。特にパワーコンディショナは修理代が一番高いので、それもあわせて保証期間が長いのはお得な気がします。
  •  

  • WEBモニタリングサービスが無料でついてくるので、シャープに決めました。
  •  

  • カラー液晶モニターの種類が他のメーカーよりも多く、選べるところがいい。
  •  

  • パワーコンディショナが屋外だけではなく、屋内にも設置可能なものがあるので選択の幅が広がりました。

台湾の大手企業『鴻海』がシャープを買収

シャープから鴻海へ

 

2016年8月、台湾の『鴻海精密工業』がシャープへ3,888億円出資。これにより鴻海はシャープの株式66.07%を取得し、正式にシャープを傘下に収めました。

 

これからのシャープはどうなるか

今回のシャープへの出資で、一気に注目を浴びた鴻海ですが、そもそもどのような企業なのでしょうか。

 

鴻海は電子機器の受託生産を行う企業で、自社ブランドで販売はしていないため、あまり馴染みのない方も多いと思います。

 

しかし、製造を専門に行っている企業として、世界最大手とも言われている大企業です。

 

しかも、アップルやソニーといった、世界的大企業を顧客に持ち、とにかく販売力があります。(アップルのiPhone、ソフトバンクのPepperも製造しています)

 

シャープの経営不振の原因は販売戦略の弱さ

シャープは高い技術力を持っています。

 

特に液晶技術は高く、「世界の亀山」は圧倒的なブランド力を誇っていました。

 

しかし、高い技術力・コスト競争力を持ちながらも、販売力が追いつかず、経営不振に陥ってしまったともいえます。

 

【シャープの技術力】+【鴻海の販売力】=期待大!?

今回の買収劇では様々な憶測が飛び交いましたが、結果としては一番いい方法に落ち着いたのではないかと思います。

 

シャープと鴻海の相乗効果で、今後さらにシャープは太陽光発電での分野でも強くなっていくことが予想されます。

太陽光発電:シャープの特徴

シャープ太陽光発電の特徴

こんな人におすすめ
屋根の形が複雑な方
実績が豊富なメーカーを重視する方
保証やサポートを重視する方

 

特徴やメリット・デメリット
  • 生産量が世界でもトップクラス。
  • 海外でも高い評価を得ています。
  • ラインナップが豊富なので、屋根の状態に合わせた設計が可能。

 

メリットやウリ
  • 屋根の大きさや形状に合わせ、様々な大きさのモジュールを組み合わせたプランづくりができます。
  • 屋根と一体型になったモジュール、平板瓦一体型も登場。
  • パワーコンディショナーを室外に設置でき、置く場所に困ることはありません。
  • 長期保証や、専門家によるアフターケアが充実しています。

 

デメリットや改善点
  • 平板瓦一体型は、熱を発しやすく、屋根裏や2階部分の室温を上げてしまうことも。
  • 合併後の経営に不安が残る。

 

価格
  • 他と比べるとリーズナブル。
  • モジュール形状の種類も豊富なので、選ぶことも可能。

 

保証面
  • 無償の保証は10年、有償だと15年!
  • モジュールも周辺機器もすべてセットで保証されているので、安心です。

 

アフターケア・サポート面
  • 無料のWebモニタリングサービスに加入で、専門の担当者がシステムを見守ってくれます。
  • プロが診断をする、発電診断レポートを送ってくれるので、チェックも簡単。
  • 全国に250社以上も相談に応えられる企業が存在するので、サポートもばっちり。

 

モニター
  • 電力モニターは幾種類か用意。
  • タッチパネル方式等の操作方法や、画面の大きさの違い等、好みのモニターを選べます。
  • 後日、新たにシステムを増設しても、ひとつのモニターで管理できます。

 

歴史

 

  • 1959年から太陽電池の開発をスタートさせており、半世紀以上も研究を続けています。
  • はやくから量産化に成功しており、様々な商品を開発。
  • 宇宙用の太陽電池として、1976年には衛星の打ち上げにも成功しています。

動画でわかるシャープの太陽光発電

 

小さな屋根でもたっぷり発電「BLACKSOLAR」

 

 

シャープに直接見積りを出すよりも、一括見積もりサイトで複見積もりを取って比較することをおすすめします。自宅の屋根がシャープが最適かを確認してからの方が良いでしょう。

テレビでも取り上げられた「メーカーの選び方」のコツ【2分48秒の動画】

ソーラーアドバイザーが教える正しいメーカーの選び方20秒〜62秒は必見!





【全国無料】実績のある厳選優良業者の見積もりがすぐできる

太陽光発電一括見積りサイトタイナビ